• ホーム
  • 体質改善でアレルギーを治すことはできる?

体質改善でアレルギーを治すことはできる?

素因として持っているアレルギーが発症すると、その症状を抑えるという対処療法が基本でした。注射を使った免疫療法も長い歴史を持ち、アレルギー体質の新しい治療法として研究が続いています。2014年には、ついにスギ花粉症アレルギーを根本から治療するというアレルゲン免疫療法が始まりました。スギ花粉症を発症する人がぐんぐん増えてきている現代において、対処療法ではなくアレルギー体質を治すことを目的とするアレルゲン免疫療法は大きな注目を集めています。

ダニなどに対するアレルゲン免疫療法では、体内に注射を用いる方法と舌下免疫療法との2種類から選ぶことができます。注射治療法は、注射を用いて体内へとアレルゲンを定期的に投与し、ダニなどアレルゲンに対する免疫を付けることで体質改善をしていく方法になります。こちらは2015年に保険適用となりました。注射の場合は基本的には入院治療ではなく通院することとなり、ある程度の痛みが伴うことも知っておく必要があります。

スギ花粉症の体質改善を目的としたものでは、舌の下にアレルゲンの錠剤を定期的に服用することでアレルゲンに慣れていくという舌下免疫療法がメインとなります。舌下免疫療法は注射による痛みもなく、入院治療の必要もありませんので、自宅にて自分で服用をしっかり管理していくことで無理なく続けることができます。現在ではどちらの治療法においても保険適用となっていますが、長期的な投与が必要となりますので、最低でも3年は見ておく必要があることを覚えておきましょう。

数あるアレルギー症状のうち気管支ぜん息の体質改善を目的とする場合は、注射治療法だけが保険適用となります。注射によるアレルゲン免疫療法の通院頻度は通常週1回となっていて、通院を半年間続けることで一定の効果が見込める投与量まで増やしていく形となっています。

最近ではその期間を入院治療で短くするという治療法も出てきています。これは、高齢者や他のアレルギーも同時に治療を希望している方、毎週の通院が難しいという方など、入院治療で半年分の通院を6日間に凝縮して行うという短期間治療法です。メリットは高い即効性と確実性にあり、この方法を試す方も増えているようです。アレルギーの体質改善を行う場合は、基本的には長期的なものと考え、徐々に体をアレルゲンに慣らしていくものですが、それぞれのライフプランに合わせて治療法を選択していきましょう。

また、

関連記事
目のアレルギー症状には「パタノール」を使うと良い? 2020年05月31日

ダニをはじめとするハウスダストによるアレルギー症状が増えるのは、一年の中でも春が一番多いです。冬の間にこもった寝具の湿気や暖気は、ダニの増殖には格好の条件となります。そんなハウスダストによるアレルギー症状としては、主にアレルギー性結膜炎などの目のかゆみです。ちょうど春にはスギ・ヒノキ花粉症も始まりま...

アレルギー体質は遺伝します 2020年06月27日

自分に何らかのアレルギーがあることが分かっていると、子どもにも遺伝するのではないかと心配になる人も多いでしょう。結論から言えば、花粉症、特定の食物、ハウスダストといったアレルギー疾患が子どもへそのまま遺伝するわけではありません。但し、アレルギーが発症するかもしれない素因は遺伝することになります。何か...

アレルギー検査には主に3つの方法があります 2020年05月28日

自分がどんなアレルギーを持っているのか、アレルギー検査を受けることで分かります。アレルギー検査には食物経口負荷試験、皮膚テスト、血液検査という主に3つの方法があり、アレルゲンによってどの方法で行うのか決まることになります。また、インターネットを通じて検査キットが用意されているものもありますので、自宅...

医薬品「ジルテック」でアレルギー症状を改善! 2020年05月26日

アレルギーを持つ人は近年増え続け、これからさらに増え続けると言われています。日本においては特にスギ花粉症の特質を持ってはいても、まだ発症をしていないという人が多いとのことです。すでにアレルギー性鼻炎などつらい症状で毎年お悩みの方は、抗ヒスタミン薬として知られるジルテックを服用することで早めに対処し、...

アレルギーの症状とアレルゲンを分かりやすく解説! 2020年05月23日

アレルギー反応で起こる症状には、じんましん、くしゃみ、かゆみなどさまざまなものが挙げられます。アレルゲンの違いによりその症状も異なりますが、代表的なものではスギ花粉によるくしゃみ、鼻水、目のかゆみや充血などがあります。体に合わない薬物や食物を摂取してしまったり、ケムシに触れたりすることでじんましんの...