• ホーム
  • 医薬品「ジルテック」でアレルギー症状を改善!

医薬品「ジルテック」でアレルギー症状を改善!

花と蜂

アレルギーを持つ人は近年増え続け、これからさらに増え続けると言われています。日本においては特にスギ花粉症の特質を持ってはいても、まだ発症をしていないという人が多いとのことです。すでにアレルギー性鼻炎などつらい症状で毎年お悩みの方は、抗ヒスタミン薬として知られるジルテックを服用することで早めに対処し、少しでも症状を緩和させましょう。

アレルギーの症状を改善する抗アレルギー薬を服用するには、内服、点鼻などいくつかの方法があります。通常はどちらかのみの方法でコントロールしていきますが、日常生活に支障をきたすほど症状が重い場合には内服と点鼻を併用していくことも少なくありません。ジルテックは内服するタイプの抗ヒスタミン薬で、錠剤になっています。服用方法は成人では10mg1錠を1日1回と少ないため、シーズン中毎日服用しなければならないという負担を少しでも減らしてくれます。眠気が少し出ますので、就寝前に服用するのが良いでしょう。

ジルテックはアレルギー性鼻炎のほか、じんましん、湿疹、皮膚炎、かゆみなどのアレルギー症状を緩和する効果がありますが、毎日決まった時間にきちんと服用し続けることが大切です。服用方法で注意したいのは、アルコールの摂取です。アルコールとジルテックを同時に摂取すると、副作用が強く現れてしまったり、効果が出なかったりすることがあります。じんましんに関しては、跡が残ってしまう可能性もありますので、アルコールとの同時摂取は避けてください。

負担が少なく飲み続けやすいジルテックにも、副作用の可能性があります。主な副作用では眠気、倦怠感、のどの渇き、不眠などが挙げられます。ほかに好酸球増多や攻撃性が見られることもあります。ひどい倦怠感や不眠の症状が見られた場合には、医師や薬剤師へ相談することをおすすめします。また、過敏症、重度腎障害を持っている場合には使用を避けます。

ジルテックは眠気等の副作用がありますが、アレルギー症状を抑える効果の強い内服薬で、ジェネリックも出ているほど一般的な抗アレルギー薬です。飲み忘れに不安を感じる人や、辛いアレルギー症状をどうにか緩和したいという人にはおすすめの薬でしょう。副作用としての眠気は、就寝前に服用することで対処しますので、それほど心配することもないようです。ジルテックでヒスタミンの作用を抑え、アレルギー症状でつらいシーズンを乗り切りましょう。

関連記事
目のアレルギー症状には「パタノール」を使うと良い? 2020年05月31日

ダニをはじめとするハウスダストによるアレルギー症状が増えるのは、一年の中でも春が一番多いです。冬の間にこもった寝具の湿気や暖気は、ダニの増殖には格好の条件となります。そんなハウスダストによるアレルギー症状としては、主にアレルギー性結膜炎などの目のかゆみです。ちょうど春にはスギ・ヒノキ花粉症も始まりま...

アレルギー体質は遺伝します 2020年06月27日

自分に何らかのアレルギーがあることが分かっていると、子どもにも遺伝するのではないかと心配になる人も多いでしょう。結論から言えば、花粉症、特定の食物、ハウスダストといったアレルギー疾患が子どもへそのまま遺伝するわけではありません。但し、アレルギーが発症するかもしれない素因は遺伝することになります。何か...

アレルギー検査には主に3つの方法があります 2020年05月28日

自分がどんなアレルギーを持っているのか、アレルギー検査を受けることで分かります。アレルギー検査には食物経口負荷試験、皮膚テスト、血液検査という主に3つの方法があり、アレルゲンによってどの方法で行うのか決まることになります。また、インターネットを通じて検査キットが用意されているものもありますので、自宅...

アレルギーの症状とアレルゲンを分かりやすく解説! 2020年05月23日

アレルギー反応で起こる症状には、じんましん、くしゃみ、かゆみなどさまざまなものが挙げられます。アレルゲンの違いによりその症状も異なりますが、代表的なものではスギ花粉によるくしゃみ、鼻水、目のかゆみや充血などがあります。体に合わない薬物や食物を摂取してしまったり、ケムシに触れたりすることでじんましんの...